学校法人 賜恩学園

みはとようちえん
聖鳩幼稚園
〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北3−10−4
Tel:0467−82−2573

 


 
  園からのお知らせ  New!

● 平成27年度新入園児募集は終了しました。

● 『ぴよぴよクラブフレンズ』(3歳児向け)
   の受付は定員になったため終了しました。

● こそだてしえんのページを更新しました。

 

新園舎について


詳しくは「けんちく」をご覧ください。
ぴよぴよクラブ、
ぴよぴよクラブ・フレンズについて

 

詳しくは「こそだてしえん」を
ご覧ください。

n入園について


詳しくは「にゅうえん」を
ご覧ください。
 
 理事長のことば「いつものように」 
学校法人賜恩学園・理事長 石田敏則 

 

『イエスは、・・・またいつものように彼らを教えられた。』 新約聖書マルコの福音書10章1節

 もうすぐ夏休みが始まります。私が毎年感じることは、長いと思う夏休みも、あっという間に終わってしまうということです。この期間を有意義に過ごすためには、事前の心構えが大切だと思うのです。

この夏、親子で何か目標を定めそれを実行してはいかがでしょう。やり遂げたという達成感を感じることは、子どもたちにとって大きな財産となるはずです。6月の箱根合宿を終えて、幼稚園に帰ってきた子どもたちには、安堵感と共に家族から離れて「みんなでお泊まりできた」と言う自信があふれていました。

普段できない体験ができるのもこの期間です。「家族で旅行」に行くかもしれませんが、親子で地域の朝のラジオ体操に参加したり、公園を探検して、虫や草花を観察するのもいいでしょう。一緒に体操をすることは、スキンシップの面でも効果的です。

読書が苦手なお子さんには、親子で過ごす時間がたっぷりある夏休みは、読書の習慣をつけてあげるのにもいい機会です。例えば、毎晩、寝る前の時間を読書タイムと決めて、親子で一緒に本を読むようにすると、子どもの集中力も高まります。まだ一人で読むことができない場合は、読み聞かせもいいでしょう。本のストーリーや主人公の気持ちを共有する事ができるのは貴重な経験です。

また、自分のことは自分でする習慣を継続するのも大切なことです。整理整頓は、急に身につくものではありません。幼稚園での毎日の習慣が継続されることが大切です。まず自分の身の回りのことは自分でする、自分から進んでやる習慣が大切なのです。

夏休みは夜更かしが多くなります。夜更かしはテレビを見る時間やゲームに費やされる時間が増加し運動不足になり、スナックなどのおやつの摂取が増えるので、肥満になりやすいとも言われています。子どもの成長を考えると親子のスキンシップは夜ではなく、朝の時間に持てるよう工夫したいものです。

どんなことにしても、夏休みが終わるまで何かを続けるという目標は、終わりが見えるので、頑張ろうという気持ちになれるでしょう。

今年の夏休みを終え元気な子どもたちに幼稚園で会えるのを楽しみにしています。この夏休みがご家族の幸いな時となるように願っています。

MIHATO KINDERGARTENニュースレター38号より)
 
 
このページのトップに戻る 

 
 Copyright(C) 2012 Mihato Kindergarten All rights reserved.  Used by permission http://www.mihato.ac.jp/